18才の新星ダンスミュージックDJ/Trackmaker SEKITOVA!

SEKITOVA

大阪から生まれる超新星若き才能トラックメイカーSEKITOVA。
18才という若さでダンスミュージック界からの注目を集めるアーティスト。

まさにインターネット世代から誕生した最強トラックメイカー。ジャンルは、ハウス、テクノを中心にEDM、ビートミュージック、民族サウンドなど多くの作品リリース。

14歳でトラックメイクを始めたという彼は、気鋭のネットレーベルMaltine RecordsからのEPでデビューし、2012年には大阪のインディーレーベルMindCircus RecordsからCDシングル「Inverted QualiaE.P.」を発表。そして同年の暮れには自主レーベルZAMSTAKを開設し、アルバム『premature moon and the shootingstar』をリリースした。また、楽曲制作のみでなく、DJとしても目覚ましい成長を遂げ、地元大阪のみならず、各地の大箱小箱、様々な舞台でギグをこなし、さらには大型音楽フェスBig Beach Festivalへの出演も決定。多忙な日々を送っている。この躍進ぶりにも関わらず、SEKITOVA本人は至ってマイペースに現在の状況を楽しんでいるようだ。今回行ったインタビューでも、力強く未来を見据える意志と、実直で示唆に富んだ言葉が綴られていた。

また、soundcloudであげられている曲の中にはjazz的要素を含んだ心地よいリフからはじまるエレクトロハウスのような楽曲がとてもかっこいい。SEKITOVAワールドは1曲に対して、ジャンルを5つぐらい盛り込むような楽曲が多数ある。しかも全く違和感がなく作られている。インターネット世代ならではの、楽曲制作手法といえるのだろう。音楽との向き合い方がイマまでのルーツをミックスされている。

ジャンルと言う言葉はただの表現でしかないのでは?

youtubeからのFluss (Original mix.)
この動画に動きなどはないが、youtubeで視聴が出来るようになっている。SEKITOVA本人のアカウントなのかは不明だがアップロードされている。ここからsoundcloudにもURLのリンクが張られている。インターネットを上手く利用している。音楽といえば、bandcamp、soundcloudという方は多いであろうが、世間一般的にはyoutubeの利用者が一番多いのだ。そこを音声のみをアップロードさせているのは、効率の良い使い方ではないだろうか。

これは、ネットを使うアーティストにとっては活用しなければならない手法だが、いち早くネット世代であるSEKITOVAは実践している。若さもあってか頭が柔軟さを伺える。

18才アーティストSEKITOVAがダンスミュージック界に注目をおかれるようになると、日本の未来が明るいことが期待できるのであろう。メジャーシーンのヒットチャートに掲載される将来はあるのかも?

日本のクラブシーンを一転させてほしい事を願う。

Heat Stroke (Original mix)

Heat Stroke (Original mix)。これほどの楽曲を作れる18才SEKITOVA!まだまだ若いというのに、どれほどの音楽人生を歩んできたのだろうかさえ不思議に思う。時代の進化と共にアーティストも進化させる1曲。ipodに必ず必須なトラック。もしくはDJの方必見。

hanabi

hanabiのヒップホップビート。ピアノと生音ドラムとのりの良いベースライン。シンプルな曲構成なんだがまたこれがかっこいい。カフェ、自然、クラブ、場所を選ぶことなくどこでも聴けるトラックhanabi。夏の花火を見ながら聴くとより堪能できるのでは?

奇跡の海 SEKITOVA Loud Remix.

奇跡の海 SEKITOVA Loud Remix.。最後はDEEPなHOUSEトラックで締めたいと思う。まるで深い海にいるみたい。女性VOの『yeahyeahyeah』ボイスが楽観的な世界へと引き込もうとしている。深海の途中で人魚と遭遇して、海の新世界に連れってくれそうだ。


サブコンテンツ


PAGE TOP

マネーパートナーズで口座開設