エレクトロ『metome』のすさまじいライブスタイル

metome01
URL : http://met0me.net/

大阪府出身のTakahiro Uchiboriによるソロ・プロジェクト。関西を拠点に活動
BRDG,REPUBRIC,2.5D,DOMMUNEなど東京、県外のイベントに出演。

2013年にリリースしたAlbum[OpusCloud]が
このジャンルとしては異例のセールス枚数を記録する。
その後、リリースしたEP[Phestic Suface]が
XLR8R,Dummy,bokahなどの音楽サイトから高い評価を獲得し、
米シアトルのFMラジオ局“KEXP 90.3 FM”などでも楽曲がOn Airされる。

様々なスタイルの音楽を吸収し消化しながらも日本的な美意識を根底に
現代的にアップデートされた音楽を思考し試みている。

 

ライブを東京から一度見に行った

metome02

新たな息吹を吹いてくれたアーティストの一人ではないだろうか。

METOMEのライブを徳島からわざわざ大阪へ見に行った時のことだった。

とてもLIVEを楽しんでいるではないかというのが印象的なアーティスト。
お客さんとの距離も近く親近感を持てるほどの優しそうなイメージ。

リアルタイムで弾くMIDIピアノが最高なんもである。
機材を使う人は多いが、実際にMIDIコントローラーなどに触れて鍵盤を見る人はそんなにはいないだろう。

よりライブ感あり、引き寄せられていく勢いでプレイをしていた。

 

まとめ

metome03

METOMEさん本人は覚えていないだろうが、私は個人的に少しお話をさせてもらった。
とてもイイ人っていうのがそのまま伝わってきた。

関西関東では、既に多くのファンを獲得しており、ソーシャルネットを通じてより評価を得ているミュージシャン。
国内に限らず、海外メディアからも記事を書いているものを見たような気がする。(はっきりわからなくすいません)

もっとインターネットという世界から音楽を作り上げ、大衆派の人に聞いてもらえるまで浸透させてほしいものだ。

Magic Cloud ’1970s

Magic Cloud ’1970sはmetome氏の曲の中でもベストを誇れるほどの美しさ。最初にこの曲を聴いたときに確実に売れると私は思った。聴いたこともないバスドラムからチョッパーベースまで全てサンプリングや楽器を使っていると思うと、並大抵のレベルでは作ることさえ難しいものである。この曲はやはりsoundcloudでも視聴者は俄然に多い。

 


サブコンテンツ


PAGE TOP

マネーパートナーズで口座開設