音楽の概念をぶった切るDUB-Russellパワーサウンド!

DUB-Russell

東京を拠点に活動する首藤陽太郎とNOEL-KITによるユニット。
2010年12月、TokyoMaxUsersGroupでのライブセッションを機に、DUB-Russellとして本格的に活動開始。

DUB-Russellという名前は、club音楽好きやネット情報に詳しい方なら、知らないリスナーはいない。世界レベルの国内アーティストだということが誰もが認めるアーティスト。

2011年にはオンラインレーベル”+MUS”から”Grasp Echoes”、翌2012年には”Prank Poles”をリリースし、自作の音楽ソフトウェア”HSU-001″および”HSU-002″を同梱した各タイトルは各方面の反響を呼び高い評価を受けた。
ライブにおいても即興的なプロセスで多層レイヤーを織り成し、次元をねじ曲げたような強烈なビートと、その奥に見え隠れする美しいサウンドスケープを併せ持つ斬新なサウンドで圧巻のパフォーマンスを魅せる。

過去にリリースされた数を上げればきりがないほどの数があり、ビッグイベント出演多数の二人組みアーティストなのだ。もし、まだ聴いたことがない人がいるならば、これからの電子音楽の日本のために聴いておかなければならない絶対的アーティスト。

これは私個人の意見ではない。リスナーからの声だ。

Out of Dotsのライブ一部動画。
これを見て頂ければすぐに伝えることができる。解き放たれたノイズサウンドが音楽の概念をぶった切り、脳や耳を破壊するサウンド。恐ろしいほどの強烈なパワーサウンドが体になり響く。動画でこれぐらいの体感ができるのだから、現場で見ればびっくりすることは言うまでもない。

私は一度ライブ現場で体感したが、言葉にならないぐらいの音にお酒を投げそうになったことを覚えている。それぐらい聴いたこともないサウンド展開を解き放っているのだ。

Acne Goomo

世界クラスのクオリティサウンドAcne Goomo。はじめて聴いたときは、日本人ではない人達だと思った。機械が破滅したリズム音から奏でる金属音のようなトラック。言葉では表現することはできない音楽。国内外の枠を既に超えているトラック。

Tracklaying

Tracklayingのノイズがたまらない。ゆったりしたビートだが重苦しく暑苦しい泥まみれた世界が映し出される。ビット音が混じり、ぐちゃぐちゃな展開になっていくのだが、どこか美ささえ感じられる。中盤のドラムビートと入ってくるところで倒れる人が続出する最高のトラックビートチューン。

Popmote

Popmote。上記であげた2曲とは、異なるほのぼの音楽。この曲を聴くと不思議な世界へ導かれていく。ピアノのサンプリングディレイ音が気持ちよくさせてくれる。大自然の中で、コーヒーを飲みながら聴くともっとPopmoteワールドが伝わるトラック。


サブコンテンツ


PAGE TOP

マネーパートナーズで口座開設